メス無しで二重整形も可能【まぶたに糸を通すだけで二重まぶた】

サイトメニュー

スケジュール管理をする

鏡を見る女性

施術法は慎重に決める

二重整形はとても人気がある施術ですし、簡単にできるということで気軽に施術を受ける人が増えています。施術時間も短いので入院が必要になることはめったにありませんし、ダウンタイムもそこまで長くはありません。しかし切開法を受けた時には人によってはまぶたが腫れた状態が長く続くことがあるので、手術の後に長めに休みをとっておくなど時間に余裕をもったスケジュール調整をおすすめします。埋没法の場合にはメスを使わないのでほとんど腫れが起きないこともありますが、まぶたの状態によっては数日間腫れることもあります。切開法は施術後数日間は腫れた状態が続くのが普通で、場合によっては1週間以上腫れが続くこともあります。これは手術前のまぶたの状態も関係しており、手術をする時にできる限りまぶたがむくまないようなく府をしておくことで予防することができます。完全に術後の腫れをなくすことはできませんが、腫れてしまう可能性をできる限り避けるためには手術前に目が腫れないような生活をするようにしましょう。特に前日の過ごし方は大きく関係するので、お酒を飲み過ぎない、塩辛いものを食べない、水分をとり過ぎないなどに気をつけるようにします。そのため手術の前から、手術が終わった後の数日間は二重整形のために色々なことに気をつける必要があるということになります。仕事が忙しい日々を過ごしている人などは、手術の当日だけでなく術前と術後に余裕がもてるように十分な準備が必要です。体調が悪いと二重の幅が変わってしまうなどの弊害も出るので、できる限り体調がよい状態で施術日を迎えられるようにしましょう。二重整形は大きく分けて埋没法と切開法に分けられますが、費用が安いのは埋没法です。かなり安い価格で行っているクリニックもありますが、そういった場所では一点どめと言って一か所だけで糸をとめる方法が一般的です。最も簡単にできる施術法なので安価になっていますが、とめてある場所が少ないので、二重がとれてしまう可能性が高くなります。まぶたの状態によっては一点どめでも十分に二重を維持できる場合もありますが、とれてしまうのが嫌な人は一点どめ以外の方法をおすすめします。埋没法には糸をとめる数だけでなく、糸の通し方にも色々な方法があるので、しっかりと内容を把握して選ぶことが重要です。当然、施術法が複雑になればなるほど費用は高くなりますが、自分に合った方法を選ぶことが重要です。医師の診察を受けた時にしっかりと医師のアドバイスを聞き適切な方法を選択しましょう。安さだけで選ぶと二重がとれてしまい、何度も施術を受けなくてはならず、結果的に割高になってしまうこともあります。また切開法も切開をする範囲によって費用に違いがあります。切開をする範囲が広ければはっきりとした二重にすること尾ができますし、幅が狭いほうがナチュラルな印象に仕上げられます。また元のまぶたの状態によって適切な方法が変わってくるので、これも慎重に担当医と相談することが大切です。価格だけでなく、自分の目の状態に合わせた方法を選ぶようにすることと、仕上がりのイメージに近くなる方法を選ぶことが大切です。施術前に色々な二重整形の方法を比較して決めましょう。