メス無しで二重整形も可能【まぶたに糸を通すだけで二重まぶた】

サイトメニュー

希望を伝える

女性の目元

術後をイメージしておく

二重整形をする時には事前に医師の診察を受けて施術法などの細かなことを決めます。この時には医師によってメイクをしてきた姿を見たいという場合と素顔を見て決めるという医師に分かれます。メイクをしていない素顔はどの医師でも必ず確認をして、元の目の周囲の状態や顔全体のバランスを見ますが、メイクをしている状態を見ると、その人がどのような仕上がりを着たいしているかを知ることができるので、メイクをした顔を見たいと言う意思がいるようです。二重の仕上がりには幅や形など細かな違いがたくさんあり、小さな差があるだけで全体の印象が大きく変わってしまう恐れもあります。そういった細かな部分は口だけではうまく伝えきら内ことがあるので、メイクをした顔を見ることで仕上がりをイメージしやすくなるようです。そのため、ただなんとなくメイクをしてクリニックを受診するのではなく、仕上がりのイメージに近づけるようにしていくと、医師に自分の好みをうまく伝えられるでしょう。必要があると思えば、メイクをした姿も見てもらって希望の二重整形の状態を説明するようにするのがおすすめです。また口だけではうまく伝えられないという時には、憧れの目元の画像を準備しておくと、医師に希望が伝わりやすくなります。クリニックにもサンプルが用意してあるので、それらを使って大腿の希望を伝えることはできますが、そこに自分が希望しているようなイメージのものがないとうまく伝わらないこともあります。その時に備えてあらかじめ自分で画像を準備しておけば、診察をする時にすぐに医師に見せることができます。二重整形は簡単な手術なので、そこまで副作用などを気にする必要はありませんが、施術の後に腫れることが多いので腫れを早くなくす準備はしておいたほうがよいでしょう。施術法などによって腫れの度合いは違ってきますが、全く腫れないということはほとんどないので、施術の後に冷やせるものを準備しておくと役に立ちます。冷やすと言っても直接皮膚につけるようなものは刺激になってしまうので、タオルでくるんだ保冷剤などが適しています。施術の後に腫れているのは一時的に水分や血液が一か所に集まっているからで、その部位を冷やすことで段々と炎症反応が和らぎ腫れも少なくなっていきます。そして特に腫れが強く出やすい施術直後に早く冷やし始めると、その後の状態も腫れが引く速度が早くなることが多いので、できるだけ早く冷やせるようにしておくと短期間で腫れを解消できます。また、施術当日は入浴が許可されることが多いのですが、中には施術の疲れや痛みなどで入浴をする余裕がなかったという人もいます。そういったことに備えるためにも、クリニックに行く前に入浴を済ませておけば、施術後は帰ってからゆっくりと過ごすことができるでしょう。また入浴をする時に体が温まったりすると腫れを助長させてしまうこともあるので、その意味でも先に入浴を済ませておくことをおすすめします。施術する前にはこのように、施術後のことをイメージして準備を万全にしておきましょう。二重整形の施術は短時間で終わりますが、それでも緊張をするでしょうし、予想以上に体の精神も疲れてしまうことがあるので、ゆっくりと休める環境を作っておきましょう。